仕事の種類と必要なスキル

キーボード

業種による違い

貿易事務の目指し方として、派遣という働き方もあります。貿易事務は正社員だけが活躍しているだけでなく、ほぼ未経験な場合は派遣として活躍できるチャンスもあるのです。派遣でもある程度の知識や資格が必要となることもあるので、派遣先の種類からそれを把握しておいた方がいいでしょう。貿易事務の転職先には、まず商社やメーカーが挙げられます。この業種となると、海外との交渉や受発注、そして船積手配が欠かせなくなります。英語能力はもちろんのこと、交渉も行うのでコミュニケーション能力も求められます。次に、国際物流やフォワーダーなども貿易事務が活躍できる仕事です。この仕事は物流コーディネーターとしての能力が問われ、貿易に関する知識が必須です。派遣でも貿易に関わる仕事をしていたり、十分な知識があれば採用の確率も高まります。そして、海貨業者や倉庫会社では輸出入業務を代行する仕事を担います。英語力がある程度できれば派遣でも活躍できる仕事で、通関士の資格があればさらにいいです。貿易事務が未経験な人でもこの業種であればスキルを積みやすい特徴があるので、この分野で頑張りたい人には適しています。海外進出する日本企業が増えてきたことから、貿易事務の需要は高まりつつあります。スキルや資格の必須など難しい条件も少なくないですが、その分やりがいが感じられるメリットがあります。派遣で転職をしたいときは、信頼できる派遣会社を探して適した求人を紹介してもらうようにしましょう。