語学力が活かせる事務職

人形

語学力を活かす事務職とは

グローバル化と共に、日本でも語学を学ぶ学生の方が多くなってきていますが、その方の就職先として、その語学力を活かす仕事を選択するケースが増えてきています。この語学力が活かせる職種は多いのですが、その中でも貿易事務の仕事については、正社員や派遣でも人気を集めている状態です。貿易事務の仕事は、海外との輸出入に関わる事務処理を対応することが、その中心的な業務であり、その範囲もかなり幅広いものになります。当然語学力が必要なのですが、昨今ではメールによるやり取りも多く、外国語での英文レターの作成能力も必要になっています。また輸出入に関わる方は、かなり多くの立場や職種の方になりますので、いろんな方とコミュニケーションを取っていくのも、貿易事務の仕事の一部になっています。さらに通関に関する書類作成や、いろんな税金の申請なども、行っていく必要があり、事務補佐として派遣で業務することも、多いのが特徴です。派遣で貿易事務を対応する場合、さらに紹介派遣という形で働き始め、いずれは正社員に登用されやすいというのも、この仕事の特徴です。これは貿易事務の仕事が大抵大企業が多く、さらにその専門性の高さから、優秀な人材を確保したいという企業心理によるものが大きいのです。また人材紹介会社側も、この分野に力を入れているところが多く、教育プログラムを用意して、人材育成に努めているところも多いのです。このように正社員はもちろん、派遣でも貿易事務の仕事は人気であり、今後も人材を求める企業が増えていく分野でもあるのです。